工房地球村カフェ創世記 ~その時☆カフェプロジェクトが生まれた~

震災から2ヵ月後、工房地球村は再開することができました。

再開のために、日本精神神経科診療所協会はじめ様々な団体が物心両面で応援してくださり、

工房地球村にはまた笑顔が戻りました。

さらに再開から約1ヶ月間、

工房地球村にボランティアで来てくださっていた佐賀県の精神科医:弟子丸先生が、

全国の精神科関連の友人に現状を発信、

たくさんの寄付金を集めてくださったのです。

 

その寄付金は

「地球村を震災前の状態に戻すだけではなく、さらにそれ以上に発展させるため」

と、私たちに託されました。

 

その寄付金を使って、工房地球村のメンバーのため、地域の方々のためになることをしよう。

地域を明るくすること、何か地域に貢献できることにそのお金を使いたい。

工房地球村は今、津波によって多くのお店が流され、憩いの場がなくなってしまった・・・

そうだ、地域の方々の「心の拠り所」となる場所を作ろう。

障害のあるなしにかかわらず、自由に集まり語り合える癒しの場・・・

 

コミュニティーカフェ、工房地球村カフェを作ろう!

 

・・・こうして工房地球村カフェプロジェクトは動き出したのです。

 

>地球村カフェプロジェクト

 

 

○地球村カフェプロジェクトは

全国のたくさんの方々からご支援をいただいております。(敬称略)

・財団法人木口ひょうご地域振興財団

・久留米・八女ボランティアを支援する会

・タケダいのちとくらし再生プログラム 

(武田薬品工業株式会社×日本NPOセンター協働事業)

・財団法人たんぽぽの家、エイブルアート・カンパニー(タイヨウプロジェクト)

・弟子丸和博様はじめ全国の精神科関連のみなさま

・NPO法人難民を助ける会

・仙台市 中村商店

・名古屋市 めいほく友の家

(50音順)